交通事故と任意保険

自動車保険交通事故を起こした際に用いる保険の2つ目が任意保険です。
これは名前の通り加入については任意で義務付けられていません。
しかし、実際にはドライバーの多くが加入しています。
事故の際に自賠責保険で補いきれない補償を補うことができるよう、任意保険は手厚い補償がプランとして組まれているので加入しておくことが望ましいです。

任意保険には交通事故で事故相手の搭乗者や歩行者に怪我をさせたり死亡させたりした時には損害賠償が発生します。
相手側からの要求に対して自賠責保険を超える分には個人で負担をする必要があり、それを任意保険が対応してくれるのです。
多くの場合、この対人賠償保険については無制限を選択して相手の要求に可能な限り応えるようにするのが一般的です。

他にも無保険者傷害保険や特約というものもあり、事故相手の車が任意保険に加入しておらず、自分の損害賠償が受けられない場合や、相手が飲酒運転や家族特約などの条件違反をしていたりということをしていて保険が下りない場合、ひき逃げで加害者が不明な場合には、補償を受けることができます。このように万が一の時に助けてもらうことができるので任意保険に加入しておくことはとても大切なのです。

交通事故と自賠責保険

自賠責保険証明書交通事故に関わる保険には2種類の保険があります。
まずは、自賠責保険と言われるものです。
自賠責保険というのは、自動車損害賠償責任保険というのが正式名称で、すべてのドライバーが加入することが義務付けられている強制保険のことです。
車を購入した時や車検の時に加入の手続きができますし、保険会社によってはインターネットやコンビニでの手続きも可能です。
自賠責保険では、人身事故にだけ適応がされ、支払われる金額は限度額が決まっています。
傷害の場合に120万円、死亡の場合に3000万円、重度後遺障害の場合には4000万円、と金額が決められています。

自賠責保険には加入が義務付けられていますが、保険料の支払いが必要であることや個人的な感情の問題で加入をしていない人も中にはいます。保険に加入していない状態で運転をしていれば交通違反となり違反点数が6点変われ免許停止処分となります。また、未加入で運行した場合には1年以下の懲役や50万円以下の罰金となりますし、証明書の不所持でも30万円以下の罰金が科せられます。
加入していない人が交通事故を起こしたら、自賠責保険で保障してもらえる賠償金も受けられず全て自分で支払わなければなりません。事故の際には自賠責保険では賠償金が足りないこともありますから多くの人は自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しています。

参照ページ〈交通事故
交通事故被害者救済サイトの自動車保険についてのページです。

交通事故の原因

交通事故車どれだけ注意をしていても一生絶対に交通事故に被害者になることも加害者になることもないとは言い切れません。
一瞬の不注意が事故の原因になることもありますし、自分が安全運転をしていても交通事故に巻き込まれてしまうこともあります。
交通事故の際に、車が損傷をしたり自分自身も怪我を負うことがあります。
そして、相手に怪我をさせてしまったり車や自転車を壊してしまったりすることもあります。
自分が事故を起こして自分だけが怪我をした場合には通院費用や治療費、車の修理費用が出費として出てしまうことは致し方のないことだと思うことができるものです。
しかし、相手に怪我をさせてしまった場合には謝罪の気持ちから可能な限りの賠償金の支払いをしたいと思うものです。

交通事故の補償として支払うものは思いの外項目があり、その金額は高額になることもあります。治療費や入院費、仕事を休むことになったらその期間の給与保障、車や自転車が壊れたらその修理費用や弁償費用といったものもあります。そして、このような費用はもちろん事故の程度によって変わりますが、むち打ちのような治療が長引くものもありますし障害を負ってしまったり相手が命を落としてしまった場合には到底支払えないような金額を請求されることもあります。
そこで、このような万が一の時のために保険に加入することが大切なのです。そこで、ここでは交通事故に対応するために加入する保険の種類とその内容について紹介をしていきます。