交通事故と任意保険

自動車保険交通事故を起こした際に用いる保険の2つ目が任意保険です。
これは名前の通り加入については任意で義務付けられていません。
しかし、実際にはドライバーの多くが加入しています。
事故の際に自賠責保険で補いきれない補償を補うことができるよう、任意保険は手厚い補償がプランとして組まれているので加入しておくことが望ましいです。

任意保険には交通事故で事故相手の搭乗者や歩行者に怪我をさせたり死亡させたりした時には損害賠償が発生します。
相手側からの要求に対して自賠責保険を超える分には個人で負担をする必要があり、それを任意保険が対応してくれるのです。
多くの場合、この対人賠償保険については無制限を選択して相手の要求に可能な限り応えるようにするのが一般的です。

他にも無保険者傷害保険や特約というものもあり、事故相手の車が任意保険に加入しておらず、自分の損害賠償が受けられない場合や、相手が飲酒運転や家族特約などの条件違反をしていたりということをしていて保険が下りない場合、ひき逃げで加害者が不明な場合には、補償を受けることができます。このように万が一の時に助けてもらうことができるので任意保険に加入しておくことはとても大切なのです。